書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

RFワールド 【シリーズ一覧へ】

超広帯域特性をもつ代表的なアンテナの動作原理から実例まで

RFワールド No.42

温故知新対数周期アンテナ入門

トランジスタ技術編集部 編
B5判 144ページ
折込付録2枚付き
定価1,944円(税込)
JAN9784789848596

2018年5月1日発行

好評発売中!

RFワールド No.42 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow


 対数周期アンテナ,通称「ログペリ」は短波からテラヘルツ波まで,超広帯域特性をもつアンテナとして広く使われています.しかし超広帯域特性を実現するのに自己補対構造が必須であることはあまり知られていません.2017年7月,IEEEはアンテナにおける自己補対の原理と虫明の関係を発見した功績を称え,マイルストーンに認定しました.
 特集では,この超広帯域アンテナの動作原理や設計法,実例などをご紹介します.


 目次

 特集
 超広帯域特性をもつ代表的なアンテナの動作原理から実例まで
 温故知新!対数周期アンテナ入門

 短波帯からテラヘルツ帯まで
 イントロダクション 写真で見る対数周期アンテナの実例

 対数周期構造は広帯域性をもたず,自己補対構造が広帯域性をもたらす
 第1章 対数周期アンテナの略史

 2017年IEEE マイルストーンに認定された
 Appendix アンテナにおける自己補対の原理と虫明の関係式の発見

 三つの動作原理,構造,電流分布,設計式と設計例
 第2章 対数周期アンテナの動作原理と構造

 Appendix なぜ,対数周期アンテナが広帯域アンテナといわれるようになったのか?

 2〜7GHzをカバーする無線LANやEMC測定用の広帯域アンテナ
 第3章 対数周期アンテナの構造検討

 4方向垂直LP,放送用水平LP,ログ・スパイラル,サーキュラ・アレーなど
 第4章 対数周期アンテナの実用例:HF帯

 かつて使われた太陽電波観測用やTV受信用アンテナを振り返る
 第5章 対数周期アンテナの実例:V/UHF帯

 シミュレーション条件の検討と考察,製作および測定結果など
 第6章 対数周期アンテナの実用例:マイクロ波帯 川上 春夫

 エピローグ 温故知新によって創る新しい工学の世界

 特設記事
 八木・宇田,ループ,クワッドなど,代表的なアンテナの特性をOpenMOMで計算してみよう!
 HF/VHF帯線状アンテナの特性シミュレーション

 放射パターンによるヌル発生の低減が期待できる
 Appendix 5.6GHz帯ドローン用クローバー・リーフ・アンテナのシミュレーション

 技術解説

 100k〜6GHzをカバーするフル2ポート2パスのUSB接続VNA
 TTR500シリーズ・ベクトル・ネットワーク・アナライザの概要と測定例

 製作&実験

 全二重OFDM通信を実現する仕組みと実験方法
 第9章 同時送受信ファームウェアの制作

 広帯域変調波がもつ本当のスペクトルが見える!
 Appendixリアルタイム・スペアナによるOFDM変調波の観測

 無線機の新スプリアス測定法に対応!ITU-T G.227勧告準拠
 MATLABで作る疑似音声発生器

 電波のパワーで,ミニ四駆をバッテリレス駆動してみよう!
 ATAC方式ワイヤレス電力伝送の実験
 後編:ミニ四駆のワイヤレス駆動実験

 市販のワイヤレス給電実験キットを利用して手軽に試してみよう!
 ミニ四駆をワイヤレス走行中給電する実験

 一般解説

 ベル研のT. E. SheaさんやP. H. Smithさん,日本無線電信の水橋東作さん
 スミス・チャートは誰の独創か

 世界初の商用DSP“μPD7720”の開発が受賞!
 IEEE Donald O.Pederson Award受賞記

 歴史読物
 横須賀無線史
 第3回 真空管の開発,長波から短波への移行,そしてレーダ開発

 折り込み付録
 世界のディジタル携帯電話周波数チャートXI
 無線と高周波の便利メモ



RFワールド 一覧のページへ


Copyright 1997-2018 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp